FDMアジアンアソシエイション

ファッシャルディストーションモデル(FDM)とは

FDMとは、人体に生じた損傷を筋膜(人体を接合する組織、筋、腱、靭帯など)に生じた形状の変化と捉え、
それらを手技により直接的に元の状態に戻す技術です。その筋膜に生じた変化にはいくつかの種類があります。


トリガーバンド ➡ 筋肉や靭帯などの小さな断裂のようなもの。
HTP ➡ 筋肉などの部分的な突出
コンテニアムディストーション ➡ 腱や靭帯の付着分の小さな異常
フォールディングディストーション ➡ 関節の弾力性の異常
シリンダーディストーション ➡ 皮膚の直ぐ下で体全体を覆う膜組織の異常
テクトニックフィクセイション ➡ くっ付いて動かなくなった関節


急性、慢性を問わずすべての筋骨格系損傷は、人体組織がこれらの形に変形された結果なのです。これらの構造を理解し、それぞれに一番必要な方法を選択し、強制的に元の状態に戻す。それがFDMです。

FDM Global Organization
FDMアジアンアソシエイションは、FDM Global Organizationの一員です。